気管支喘息について

なぜ喘息になるの?

喘息発症の原因は不明ですが、小児では、親のアレルギー体質が遺伝したり、生活環境などにより発症すると考えられています。成人では、アレルギー体質に加えて、大気汚染や喫煙、過労、ストレスなど、様々な誘因により発症すると考えられています。  小児では成長するにしたがい治ってしまうことが多いのですが、残念ながら成人で治すことの難しい慢性の病気です。

どんな症状

気道(喉から肺の中への空気の通り道)がアレルギー性の炎症によってはれて狭くなり、ゼーゼー、ヒューヒューしたり、咳・たんがでて息がしづらいなどの症状を繰り返します。  これらの症状を長年にわたって繰り返すことで、気道がとても過敏になり、様々な種類の刺激やわずかな量の刺激でも症状が起こるようになります。

ぜんそくを良くするためには?

ぜんそくは慢性的な病気ですので、症状がない時も、気道の炎症は続いています。苦しい時の治療は、一時的に気道を広げて息をしやすくする、いわば応急処置です。これだけでは気道の炎症は抑えられないので、症状は何度でも繰り返され、次第に重くなります。
大切なことは、症状がない時にも、ぜんそくの原因となる気道の炎症を抑える治療を長く継続することです。
発作がない時(発作の予防)
  ・気道の炎症を抑えるためのお薬を毎日服用または吸入する。
  ・生活環境の整備(ほこり、かぜ、ストレス、煙草の煙、犬や猫などのペットをさける)
発作がある時(発作の軽減)
  ・気道を広げて息をしやすくするためのお薬(気管支拡張薬)を吸入または内服する。
   (1時間に2回吸入しても改善しない時は、すみやかに病院を受診する)