ホーム > 診療内容 > 小児科 > 突発性発疹

お問い合わせ
診察時間 午前:9:00~12:00
午後:3:00~5:00
(木・土は午後休診)
※受付は15分前までにお願いいたします。
休診日:日・祝日
(乳幼児診察、予防接種は、
診療時間内で予約致します。)

アクセス 千葉市中央区生実町1789-1
診療内容:小児科
突発性発疹

赤ちゃんの初めての発熱体験、熱は上がったり下がったりします。

母親からの抗体がなくなる頃、ヘルペスウイルス6というウイルスに感染して起こる病気です。急に発熱するのでびっくりしますが、赤ちゃんの機嫌はそれほど悪くありません。咳や鼻水も少なく、発病から3~4日で急に熱が下がり、お腹や背中を中心に発疹が出て、それも2~3日で消えてしまいます。発熱して1〜2日で下痢をすることもあります。熱が上がったり下がったりしますが、高熱のため熱性けいれんを起こすことがあります。
初めて熱をだしたから突発性発疹と自己判断しないで必ず医師の診察を受けましょう。赤ちゃんは突発性発疹をきっかけに小児科を訪れることが多いので、保険証やおむつ、着替えなど、いざというときの持ち物を用意しておき、救急医療体制や夜間診療の機関を調べておくなど赤ちゃんの診療体制を整えておきましょう。